2008年08月15日

なんかマレ島(NC2008)

P1050281.jpg
ニューカレというと、どうも「ギャルが好む島」というイメージがあった。
原因は、フィジーのマナ島で出会ったOLさん5人連れのせいだと思う。
(ビキニがまぶしいお嬢さんがたは、初海外旅行のわが息子を大変かわいがってくださったことで印象深い。)
その彼女たちがフィジーの前に行ったところがNCだった。
「どうでした?」と聞くと、「マナ島よりずっと良かった」とのこと。「おしゃれでしたよ♪」
確かにNCはフランス風。フィジーはインド風である。
で、とんべりはNCというとイル・デ・パンしか知らず、その時、
〈NC=イル・デ・パン=ビキニギャル〉
という図式が出来上がってしまった。
こぎれいでエキゾチックな外国の湘南海岸・・・

イル・デ・パンは写真で見るとたしかに美しくエキゾチックだけれど、日本人観光客がめったやたらといるとか、えらく観光地化が進んでいるとか、どうもとんべり家の家風に合わない匂いがする。
ウベアも同じ。
とんべり、決して日本人が嫌いなわけではないのだが(自分を嫌ってどうする!)、日本人が大挙して押し寄せる観光地に魅力を感じない。
そういう場所は、日本人好みに改造されていて「外国感」が薄いような気がするのだ。
なにより、人が多い場所自体が苦手である。
昔は山歩きやらキャンプやらのアウトドアが好きだったが、いわゆるアウトドア・ブームが到来し、にわかオートキャンパーがプチ引越しみたいな大量のキャンプ道具をバカみたいな四駆に乗っけて押し寄せ、発電機の排気で空気を汚し、携帯テレビで野球中継を見つつ大騒ぎをするに及んで、山から去った口である。
という経緯で、今は海人間になっている。(笑

さて、そんな印象のNCだけれど、ちょっと身を入れて調べてみたらマレ島、リフー島という、いい感じの島があることが判明。
英語も通じないかもしれないという不便さに、とんべり、キュンとなってしまった。(爆

ここでとんべりが調べた各島の特徴を大雑把に挙げると、
☆イル・デ・パン
→(○)景色よし。天然プールのシュノーケルポイントがグー。
 (×)有名すぎる観光地。物乞い、どろぼーがけっこう出る。物価が離島価格(高)。最南端なので夏は寒すぎ。
☆ウベア
→(○)景色よし。白砂のビーチが超きれい。映画でも有名な観光ポイントがある。
 (×)ホテルの宿泊費が高い。ホテルの飯がまずい。シュノーケルポイントがたいしてない。
☆マレ
→(○)ホテルの飯が比較的安くておいしい。ホテルの近くにスーパーがある。ホテル前がシュノーケルポイント。
 (×)ダイビングショップがない。
☆リフー
→(○)ホテルの飯が比較的安くておいしい。ホテルの近くにスーパーがある。すばらしいダイビングポイントがあり、ナイスな日本人のインストラクターがいる。NCの中で一番ソバージュな島で、土地の生活が垣間見られる。
 (×)ホテルの近くにシュノーケルポイントがない。観光ポイントやシュノーケルポイントがホテルから離れているので、レンタカーを転がさないと楽しみきれない。

もともとイル・デ・パンとウベアは対象外だったので、マレとリフーのどちらにしようかという話になったのだが、なにせとんべり、旅行の前の週に幼児を2泊3日のキャンプに連れていく仕事が入っていて、ただでさえ疲れているのが、もうヨレヨレになってしまうのが目に見えていた。
旅先に行ってまで神経を使ってレンタカーを転がしたりしたくない。もう何年も運転していないことでもあるし。
それに、ダイビングはハワイで懲りていて何も期待していなかったし、やりたければ本島でやりゃーいいじゃんと言う感じにもなっていた。
ダンナが言うには、「オレらがNCに行くってことがマレだから、マレ島♪」
あ、そうですか。。。

ということで、第一希望はマレ島に決定!


*ここであげた島の特徴は、いろいろな個人サイトの記録をとんべりが読んでまとめた、いわゆる又聞き情報です。
味の良し悪しや値段の高低など、人による感じ方の違いが多々あると思いますので、参考程度に読んでいただければ幸いです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。